土地活用について

土地をお持ちのオーナー様、土地を上手に活用していますか。
ドゥ・ベストホームと一緒に、土地有効活用の方法を考えてみませんか?
土地は必ず値上がりするもの。そのような土地神話はもう昔のこと。
ただ所有するだけでは、毎年固定資産税などの多額な税金や維持費がかかる一方です。
税金が払えず、やむをえず先祖代々受け継いできた土地を手放すことになる方もいらっしゃるかも知れません。
景気の低迷が続き、先行きが見えない時代。賃貸経営という土地有効活用に今、熱いまなざしが注がれています。
それは賃貸経営に次のようなメリットが期待できるからです。

  • 長期間安定した現金収入 賃貸経営なら建物を建てる以外に多額な投資の必要はなく、経営するための人件費もかかりません。
    ご入居者のニーズを的確に捉えた賃貸マンション・賃貸住宅なら安定入居を実現でき、長期にわたり現金収入が得られます。土地有効活用は、数ある資産運用法の中で株式よりもリスクが少なく、預貯金よりも高利回り。
    これも賃貸経営の大きな魅力になっています。
    将来の公的年金に不安がある今、賃貸経営によって毎月得ることができる安定した家賃収入は、シニアライフを悠々と迎えるための「自主年金対策」にもなります。
  • 大幅な節税対策 賃貸経営は所有する土地の税金対策にも大きな効果を発揮します。
    居住性の高い優良物件は社会環境に貢献する意義が高く、住宅供給促進の意味からも賃貸マンション、賃貸住宅を建設すると住宅用地に対する特例として土地の固定資産税が六分の一に軽減されます。
    さらにその土地と建物については相続税の評価額が軽減されるなど、税制上のさまざまな優遇措置が受けられます。
    賃貸経営は節税に大変有効であり、かけがえのない土地を真の財産にします。
  • 立地や景気に左右されにくい 賃貸マンション・賃貸住宅の経営は、貸事務所や貸店舗などとは違い、土地の立地条件に左右されにくいというメリットがあります。
    人が生活する上で必要不可欠な「住環境」を提供する事業であるため、他の事業に比べて景気の動向に影響されにくく、常に安定した現金収入を見込むことができます。
    また、単身者や未婚者の増加による単身世帯数の伸び率の増加、ライフスタイルの多様化、持ち家志向の減退などにより、賃貸マンションを希望するご入居者が今後はますます増えていくことが予測されます。

入居者の希望=快適な居住性を実現する賃貸空間
土地有効活用はビジネスです。事業として成功するには、常に変化するご入居者のニーズに対して高い満足を提供する
経営センスやノウハウが求められます。
そうなるとグレードの高い賃貸マンション・賃貸住宅の建築実績が数多くあり、
専門的なアドバイスを親身にしてくれるパートナーと組んで事業をすすめるほうが堅実です。
ドゥ・ベストホームは賃貸事業に特化した会社ですので、専門のノウハウも経験も豊富。
分譲に匹敵する高品質の賃貸商品のご提案とともに、土地を所有することによる
お悩み、税金問題、事業を始めるための資金など様々な課題をオーナー様の立場で考え、
問題を解決し、土地有効活用を成功へ導きます。

ドゥ・ベストホームは賃貸事業に特化した会社です