ドゥ・ベストホームは2つの異なる建築技術を携え、分譲の品質や性能に匹敵する
ハイグレードの賃貸商品をお届けしています。
ひとつは耐久性が高い鉄筋コンクリート造(RC造)による賃貸マンション。
もうひとつは遮音性に優れ、美しい外観デザインが人気を呼ぶ
ツーバイフォー工法(2×4工法)を採用した賃貸住宅です。
いずれも地震に強く、オーナー様の資産を守り、安定した賃貸経営を末永く支え続けます。
賃貸経営は長期にわたる事業のため、
耐震性や耐久性に優れた構造・工法であることが
とても重要な要素となります。
ドゥ・ベストホームは土地の形状や立地条件、
ご要望などに合わせて最適なプランを
オーナー様にご提案させていただきます。


ドゥ・ベストホームは、鉄筋コンクリート造の賃貸マンションを建てる場合、
綿密な地質調査をもとに地盤沈下の有無を調べ、杭をしっかり受け止める地層を割り出してから
地盤に合わせた万全な杭打ち工事を行います。
強度確認の構造計画に基づいて鉄筋の量を割り出し、柱、壁、梁、床スラブなど部位ごとに必要な量の鉄筋を使って施工。
この高水準の技術とこまやかな配慮が地震に耐えうる頑丈で長持ちのする賃貸マンションをかたちにします。
ツーバイフォー工法による賃貸住宅の場合も、規格化された均一品質の建材を使って
丁寧かつ迅速に工事をし、クオリティーの高い一棟に仕上げてゆきます。さらに品質管理部がきびしい目で建築現場を管理。
二重、三重のチェック体制で、オーナー様に満足のゆく建物をお引き渡ししています。


ご入居者の賃貸住宅退去理由の一番にあげられるのが上下階や隣戸の音の問題です。
ドゥ・ベストホームは鉄筋コンクリート造、ツーバイフォー工法ともに床、天井、壁に遮音性や防音性を高める
独自の施工技術を開発し、音の問題を徹底的にクリア。
従来の賃貸住宅の欠点を解消し、ご入居者の静かな暮らしとプライバシーを守っています。
さらにご入居者の最近のニーズを把握し、賃貸住宅の設計プランに反映させていますので、
ファミリー、シングルそれぞれに人気が高く、早期入居・安定入居を実現します。